カメラマン2名体制の撮影

お二人の姿だけじゃなくお二人が見たもの、お二人が見ることができなかったもの、当日のすべてを記録に残します。

新郎新婦のお二人を様々な角度から撮影するのはもちろん、ご家族やゲストの方々も。

二人で違ったアプローチで撮影することで一瞬を様々なバリエーションで記録できるのはもちろんなのですが、片方のバックアップがありますので、より積極的にベストショットを狙うことができます。
挙式中の移動撮影が禁じられている会場では二人が違ったポジショニングをとることで全景からクローズアップ、左右両側からいろいろな表現、しっかりとした撮影が可能です。

いつでもRAW撮影

全ての撮影では使用しているカメラの最高画質のRAW形式で記録します。
撮影の段階で小さな解像度にしたり、RAWではなくJPEGで撮影したりすることはありません。

なぜならあとから解像度を大きくすることやJPEG化で一度失われた色情報を取り戻すことは不可能だからです。

意外かもしれませんが、大手の写真会社ほどこういった行程をとることができません。
時間と労力、データ容量を処理しきれないからです。

RYUMA YORITA PHOTOGRAPHYでは一枚々々RAWデータから現像作業を行い丁寧に写真を仕上げます。

現時点で可能な限り高画質なお写真をお客様にお渡ししたいとの思いからです。

安心のデータ保護とバックアップ

作業用Macと外部ハードディスクに記録・バックアップするのはもちろんですが、撮影後すぐにAWSというストレージサービスを使いクラウド上にデータをバックアップしています。

このサービスではデータを複数の国の複数の施設に保管し、各施設内では複数のデバイスに保管されます。それによって99.999999999%のデータ堅牢性を提供しています。セキュリティも高度に管理されデータは暗号化されています。

納品前に火災や事故、災害でお客様の大切な写真を消失しないようにするため、また納品後も東日本大震災のような災害で万一お客様のお手元から写真が失われたときにももう一度お渡しできるよう、RYUMA YORITA PHOTOGRAPHYではいつまでも安全に大切にお写真をお預かりしています。

アルバムは別料金で

これはすべてのお客様に対して全力で100%の力で撮影をしたいとの思いからです。

 

以前働いていたホテル内の写真室では、アルバムの値段によってカメラマンが決められていました。

高額な商品には上手なカメラマン、安い商品にはそれなりのカメラマン。

でもお客様にしてみれば気に入ったアルバムがたまたま安い商品だったかもしれません。

値段によってカメラマンが決まると分かっていたら、そのアルバムを選ばないかもしれません。

 

またカメラマンもアルバムの種類によって撮影のやり方が変わってきます。

この商品だったらゲストも含めてたくさん撮らなきゃいけないけど、あの商品はカット数も少ないしそこまで撮らなくていいや、みたいな。

 

なんかそういうのイヤだなぁ、と思ってました。

一生に一度の結婚式の写真をそういう風にやりたくないなって。

どんなアルバムでも思いっきり全力でお二人のための撮影をしたいなと思ってました。

 

だからRYUMA YORITA PHOTOGRAPHYではアルバムと撮影は別の料金です。

撮影は常に全力で最高画質のものを。アルバムはお好みのものを選んでいただいてその実費とレイアウトの編集料金をいただく。

シンプルに分かりやすくしました。

一番大切なのは撮影なんです。

二度と撮り直しができないんですから。